公開講座のお知らせ

未分類

ドイツ シュタイナーのグループホームと作業所

講師:インカ アオカム、補助通訳 森尾 敦子

2022年9月から、シュタイナー療育センターのグループホーム「くるみの家」でドイツ人のインカ・アオカムさんが働き始めました。インカさんは、ドイツ シュタイナー村落共同体で3年間 養成を受け「治療教育福祉士」の資格を取得し、1年半働いた後、日本にやってきました。目的は1年間 日本で働き、日本とドイツの違いを体験し、日本語を磨くためです。

シュタイナーの考えに基づいて、実際どのような視点で、障がい者と職員がかかわっているのか。

11月に安曇野で開催された講座ですが、今回は特別にオンライン開催をいたします。興味関心のある方はぜひご参加ください。

************************

日時:2023年2月4日(土)13:30~15:00

内容:村落共同体の考えの柱、ドイツにあるシュタイナーのグループホームや作業所の様子、どのような暮らしを理想としているのか、職員はどのような養成を受けているのかなど。お話を伺った後、質疑応答の時間を持ちます。

会場:オンライン(ZOOM)

参加費:1,000円

定員:100名

申し込み: https://docs.google.com/forms/d/1UAdLhugi5ZZrgurwmu8Yg_B8FNLhxM69FjUxHEbaHRw/

お申し込み期間:2023年1月27日(金)まで

お問合せ:csnet1924@yahoo.co.jp  (お返事にお時間いただく場合がございますが、予めご了承ください)

 

主催:シュタイナー治療教育ソーシャルセラピーネット事務局

«